佐藤センセイ


—英語との出会い

英語に興味を持った大きなキッカケは、中学校の時。今思えば破天荒な先生だったと思うのですが、指定された教科書をあまり使わず発音に特化した授業を進める先生との出会いがありました。後にも先にも、あんなに発音に力を入れて教わったことはありません(笑)発音や読み方を褒められたこともあって、その頃から「英語は面白いかも」と思うようになりました。

—子ども達への思い

大学を出て、高校の教員として英語を教えることになりました。22歳という若さで、高3の子達とは4つしか年も違わない。生徒には「めぐちゃん」と呼ばれ完全に舐められていました。英語が好きな生徒もクラスに2人か3人。皆自己紹介で「英語が嫌いです」と言うような環境でした。周りの先生のような貫禄なんて、出そうと思って出るものでもない。威厳のある先生像は捨てて「生徒と近い距離にいる先生」を目指しました。 若いからこそ共感できる授業をしよう、若いからこそ親しまれる授業をしよう。生徒達の好きな洋楽を使ってディクテーションをしたり、クリスマスソングを聴きながらカードを書いてみたり。とにかく、考えつくことはやったと思います。そこには「少しでも英語が好きになって欲しい」という思いがありました。この思いは40になった今でも変わりません。嫌いだと思いながらやる勉強ほど苦痛なものはありません。英語は楽しい、そう思ってくれる子ども達が一人でも増えるよう日々精進していきたいです。

—親向けに伝えたいこと

私も小学生2人の親ですが、子ども達には「すべての経験がその子の財産になる」と思いながら接しています。英語だけではなく、色んな経験や回り道も人生を作っていく大きなキッカケになると思います。私はもともと「アナウンサー」になりたかったのですが、夢叶わず教員になりました。ただ、アナウンサーになるために頑張った英語や演劇が、今の仕事に大きく役立っています。「行きたい高校に行けなかった」「大会で優勝出来なかった」、悔しい思いや反省、経験も何一つ「無駄になる」ことはありません。保護者の方には寛容に、子どもの目が輝くものを見守っていただきたいと思います。