彦根センセイ




—キッカケを始めたわけ

私はもともとフリーランスで仕事をしていて、いくつかのジャンルで仕事をしています。

最近、スキルシェアというものを知り、いくつかのサイトを使うようになりました。

自分のスキルを使って、いろいろな人に喜んでもらえたり、教えてもらったり、スキルも磨けて、新しい視点ももらえて、たくさんの素敵な人とつながれる。

私にとってスキルシェアはライフスタイルの一部になりつつあります。

そんな中で知ったのが、「キッカケ」です。

自分自身、25歳を超えてからやっと、真剣にやりたいことを考えるようになって転職し、今の仕事に就きました。

子供のころから、もっといろんなことに触れられる機会があれば、進学先も違ったかもなぁと思います。

「キッカケ」は子供たちの可能性をグっと広げてくれる、とても魅力的なコンテンツだと思います。自分のスキルが、ちょっとでも子供達の役に立てばいいなと思って参加しました。



—キッカケで何を教えるか

仕事は他にもいくつかやっているのですが、「キッカケ」では主に「食」について教えていきたいと思います。

私自身、食について考えるようになったのは、30歳を超えて体を壊したのがきっかけです。

薬膳やアーユルヴェーダ、マクロビやインドの古典医療、東洋医学、栄養学など、様々な角度から食を学びました。

その結果、体の不調は栄養不足のシグナルだということがわかりました。

 

例えば、生理前に暴食してしまうのは、ある栄養素が不足しているのが原因で、必要な食材を食べると食欲は収まります。

その他にも、集中力の低下や躁鬱、多動なども「食」で改善できることがわかっています。

特に、成長期は栄養素が不足しやすく、摂食障害などは、まさに栄養不足が原因です。

成長期のお子さんだからこそ、気を付けてあげたい食のこと、体のこと。

ぜひ、親子で一緒に考える機会にしていただければなと思います。



—伝えたいこと

キッカケで私が教えるテーマは主に「食」に関することですが、自分の体と向き合うことができるようになると、他のことにも応用できます。

例えば、何か体に不調が出たとき、自分の負担になっていることは何なのか?と考え、きちんと体と向き合うことで見えてくるものがあります。

体と向き合うということを習慣にすると、自分にとってココチ良い道は何か?自分が本当にやりたいことは何なのか?そんなことが見えてくるようになります。

 

子供達にとって未来は無限大です。

「やりたいこと」や「楽しいこと」が「やらなければいけないこと」で埋もれてしまわなように。キラキラした感覚でいつも好きなことを追いかけていられるように。

自分と向き合いながら人生を選択していくための、お手伝いができればなと思います。