Loading...

キッカケのサービスはまもなく開始します。
いましばらく、お待ちください

  • キッカケのホームページを公開いたしました。

ABOUT

子どもの可能性は無限大!

子どもの可能性は無限大!

17,000種類もの職業

17,000種類もの職業

子ども達の可能性は無限大です。世の中には職業が17,000種類※1もあります。
ですが、子どもたちに対して、
その可能性に挑戦させてあげる機会を作ってあげられているのでしょうか?

※1:独立行政法人 労働政策研究・研修機構 「職業名索引」より
現実
※2:「平成28年度子供の学習費調査(文部科学省)

様々な事情によって機会を作ってあげることが難しいのが現実です。
そこで。

親の負担を抑え、子どもの可能性に挑戦する機会を
提供できないだろうか?
と私たちは考えました

こういう特技を持った人たちが身近にいた!

  • 教員免許を持っているし、中学生くらいまでなら数学は教えられるわ

  • 本格的な、英語教室は荷が重いけど簡単な日常会話ならできるよ

  • 学生時代、陸上で県大会上位だった、かけっこのコツは知っている。

こんな特技を持った人たちと、
子どもの可能性のキッカケを与えたい親たちをつなげる仕組みを
ネットで作ろう!
そんな発想から生まれたのが、このキッカケです。

特技を持つ人⇔習いたい人

アプリのダウンロードはこちらからどうぞ

PHILOSOPHY

子ども達の道

もっとも自分らしく
生きる道を見つけるためのキッカケ
小さな負担で提供する

SPECIAL SKILL

子どもが大好き!自分の特技を伝えたい!
そんな方は、ぜひご協力ください。

センセイ

特技を持つ人のメリット

  • リスクなしで本格教室をはじめる前の腕試しにもなる

  • 小さな子どもがいたり、介護など外出しにくくても自宅でもできる

  • こどもを教えることによる社会貢献。

本格的な、英語教室は荷が重いけど簡単な日常会話ならできる、
教員免許を持っているし、中学生くらいまでなら数学は教えられる、
学生時代、陸上で県大会上位だった、かけっこのコツは知っている。
 
特技をもった人たちにしても「教える」となると、二の足を踏むことになるかもしれません。
しかし、本格的な学習である必要はなく、本格的に学ぶための前段階、つまり好きになるキッカケを提供する。
そう考えれば、必要以上に構えることなく、子どもに対する真摯な思いさえあれば、できるのではないかと思うのです。

HOW TO USE

センセイの場合

  1. 会員登録・センセイ登録

    会員登録・センセイ登録

    会員登録後、センセイ登録をしてください。

  2. 習い事登録

    習い事登録

    特技をキッカケ習い事として登録します。

  3. メンバーから申しこみがきたらメッセージでやりとり

    メンバーから申しこみがきたらメッセージでやりとり

    キッカケ習い事への申し込みがあったら、日時・場所の調整をしてください。条件が合ったら習い事申込決定をしてください。

  4. 習い事開催

    習い事開催

    所定の日時にキッカケ習い事を開催します。
    終了後、互いにレビューを記入・評価をして頂き完了です。

メンバーの場合

  1. 会員登録

    会員登録

    会員登録をしてください。

  2. 習い事検索

    習い事検索

    希望するキッカケ習い事を探します。もし、ぴったり合うキッカケ習い事がなければ希望登録をしてください。

  3. センセイへ申し込みをしてメッセージでやりとり

    センセイへ申し込みをしてメッセージでやりとり

    希望するキッカケ習い事が見つかったら、申し込みをします。

  4. 習い事参加

    習い事参加

    所定の日時にキッカケ習い事へ参加します。
    終了後、互いにレビューを記入・評価をして頂き完了です。

MESSAGE

上村公彦 初めまして、キッカケ代表の上村公彦です。

自分自身、2人の子育てを通じてあるときふと気が付いたことがあり、
考えに賛同してくれた仲間たちと、このサービスを立ち上げることを決意しました。

それは何か。

我々大人たちは「子どもの可能性は無限大」とよく口にします。

そう言いながらも、どれだけその可能性に触れる機会を与えているのだろうか?とふと考えました。

自分の周りを見回しても、子どもの習い事ランキングを見ても、水泳、英語、ピアノ・・・

ランキングに多少の順位変動があってもほぼ毎年同じような結果です。
そしてご多分に漏れず我が家も2人とも水泳を習わせていました。
これらは、悪いことなのかというとそうであるとも思いません。

しかし、その一方で、多様な個性を持つ子どもがたくさんいるのに、みな似たようなことばかり習うというのは、子どもの可能性=無限大に矛盾しているのでは?と感じたのです。

では、一体なぜ多くの親が同じような習い事ばかりをさせることになるのだろうと、理由を考えてみると、習い事には随分とお金がかかるということに関係しているのではないかと思ったのです。

塾や習い事、これら学校外活動費の費用は、子どもの学習費総額の7割近くを占めているのです。
また、世界と比べて見たときに、日本の教育費の私費負担はOECD諸国の平均の倍以上、韓国の次の2位に位置しています。

親が、懸命に働いて稼いだお金を子どものためにつぎ込むこと自体は当然かと思います、ただ、その割合がこれほど高いのは疑問が湧いてきます。

さらに、経済格差が教育格差を生むという社会問題も起こっています。

ここまでの問題になると、教育の根本から見直さなければ!ということになるかと思いますが、それには時間がかかり過ぎるだろうとも思うのです。

では、誰かが解決するのを待つのではなく、我々の力でできることはないだろうか?

多額のお金をかけなくとも、気軽に子どもたちが楽しく、自分たちのキッカケに触れさせることができないだろうか?と考えました。

そんな話を周りとしてみたら、子どもたちに伝えられるような特技を持つ人たちがたくさんいることに気がついたのです。

本格的な、英語教室は荷が重いけど簡単な日常会話ならできる、
教員免許を持っているし、中学生くらいまでなら数学は教えられる、
学生時代、陸上で県大会上位だった、かけっこのコツは知っている。

こんな素敵な人たちが近くにいる、そんな人たちと、子どもたちを結びつけることができれば、高額な習い事費用をかける前に、子どもたちが、新しい可能性に触れる機会がたくさんできるかもしれないと。

特技をもった人たちにしても「教える」となると、二の足を踏むことになるかもしれません。しかし、本格的な学習である必要はなく、本格的に学ぶための前段階、つまり好きになるキッカケを提供する。そう考えれば、必要以上に構えることなく、子どもに対する真摯な思いさえあれば、できるのではないかと思うのです。

特技をもった人たち(キッカケセンセイと呼んでいます)の時間を過ごした子どもたちが、直ぐに「ママ、さっきの楽しかったから、もっと続けたい!」
そんな反応を示してくれるのは、最高でしょう。

しかし、必ずしも、直ぐに成果が出なくてもいいと思っています。

その子どもが、人生の岐路に立ち、自分を見つめなおした時に、ふと子どもの頃を思い出すかもしれません。

「ああ、そう言えば、小学生の頃に親に連れて行ってもらったあの体験。
すごく楽しかったのを思い出した。自分が、やりたいことってそれだったんだ。」

こんな具合にです。

それが、5年先のことかも、10年先のことかもしれません。
忘れ去られることもあるでしょう。

しかし、キッカケセンセイとして、自分の想いを伝えた子どもの1人でも、2人でもその子の未来に影響するようなキッカケを与えることができるとするなら。
それは、とても素晴らしいことだと思います。

もの凄い特技でなくともいいのです。
キッカケは、ふとしたことから生まれるものです。
キッカケセンセイが、子どもたちのことを想って伝えて頂くことならば、思い切り特別な体験でなくとも、きっと子どもの心に残るはず。

子どもたちにとっても、特技を伝える人たちにとっても、どちらにも意義がある。
そんな場を作り、たくさんの人たちのお役に立ちたい。
私たちは、そんな想いで「キッカケ」を作りました。

既に、たくさんの人からキッカケセンセイとしてご協力頂くことをご快諾頂いています。
そして、これからも、またたくさんの皆さまのご協力を頂きながら、皆さまと共に「キッカケ」を育てていくことができれば。

子どもたちの未来のキッカケのために。

株式会社キッカケ 代表取締役 上村公彦

SKILL SHARE

「スキルシェア・シェアリングエコノミーとは?」

キッカケ」は、子どもの教育と、その保護者に特化したスキルシェアです。
 
スキルシェアとは何でしょう?
 
2017年末頃から、キッカケの元となる構想を多くの方々に聞いて頂いたのですが、その際にスキルシェア、あるいは、シェアリングエコノミーというお話しをさせて頂いてもご存知のない方の方が多数でした。
 
シェアリグエコノミー・民泊というと、Airbnbであり、民泊問題は新聞も賑わしていました。今も頻繁に目にします。しかし、実際のところ、同時期のある企業の調査によると、シェアリングエコノミーの認知度は30%程度。
 
ご存知ないのは無理もありません。
 
では、スキルシェアの前に、シェアリングエコノミーについてご説明します。
 
シェアリングエコノミーとは、主には個人が保有する遊休資産、例えば物や場所などを多くの人と共有するための仕組みであり、それを実現するサービスです。
 
貸す側は、遊休資産を活用して収入を得ることができ、借りる側は資産を所有することなく、必要な時に利用できるというメリットがあります。
 
例えば、空き部屋を旅行者に貸し出す。空き地・空きスペースを駐車場・会議室等に貸し出す。空いている時間に車を使って、他人を送迎すると言ったサービスがあります。
 
シェアエコノミー。シェアエコ。共有型経済と言われることもあります。
 
シェアする対象が何なのか。空間なのか、モノなのか、移動なのか。
そこで、知識や技術などをシェアするものが「スキルシェア」と言われているのです。

LEARNING

  • 英語を好きになるキッカケ

    そろそろツラくない英語はじめませんか!?

  • お友達となかよくなるキッカケ

    初対面のお友達との楽しいコミュニケーション

ADMINISTRATOR

運営者:株式会社キッカケ

連絡先:お問合せフォームをご利用ください。

  • 代表者:上村公彦
    代表者:上村公彦

    MORE
  • Chief Engineer:林宗漢
    Chief Engineer:林宗漢

    MORE
  • Chief Designer:久保一平
    Chief Designer:久保一平

    MORE
  • エバンジェリスト:糸原 絵里香
    エバンジェリスト:糸原 絵里香

    MORE
  • エバンジェリスト:仁科 亜弓
    エバンジェリスト:仁科 亜弓

    MORE
  • 南魚沼担当 evangelist 荻田健治
    アライアンス マネージャー 荻田健治

    MORE

FAQ

キッカケについて

初めての方へ

「キッカケ」とは何ですか?
英会話、ピアノ、算数など、子どもの学びに関する特技を持った人たちと、習い事をしたい子ども達(させたい保護者の方)を結ぶ仕組みです。継続した習い事ではなく、お手軽な価格で1回からの習い事をすることができます。
(保護者の方へ)
本格的に習い事をさせる前に、子どもの適正を見てみたい、あるいはいまの習い事とは別に、子どもが本当に好きなことは何かを探してみたい、と考える保護者の皆さまにご利用いただける仕組みです。
 
(特技を持った人へ)
学生時代に教員免許を取ったけど活かしていない。本格的なピアニストの育成は無理だけどピアノを通じて音楽の楽しさを伝えることならできる、そんな特技を持っていても本業として使っていない、あるいは本業だけど空き時間を子ども達のために使ってみたい。そんな皆さまの時間を必要な子ども、保護者の方へ提供して頂く仕組みです。
「キッカケセンセイ」「キッカケメンバー」とはなんですか?
「キッカケセンセイ」とは、子どもに教えられる特技を持っており、「キッカケセンセイ」登録をした人をいいます。キッカケセンセイに登録するためには、まずキッカケメンバーとして登録してください。
「キッカケメンバー」とは、「キッカケ」に会員登録をした人をいいます。
「習い事」とは何ですか?
習い事とは、キッカケセンセイが提供する講座、レッスン等のことを言います。
無料で利用することができますか?
キッカケメンバー登録、キッカケセンセイ登録、会員登録は無料です。特技を持った人は、習い事(講座)が購入された場合、決済金額の20%をシステム利用料としてお支払いいただきます。
「キッカケ」はパソコンから使えますか?
現在は、スマホアプリのみですが、近々WEBアプリ版も開発予定です。
どの地域で利用できますか?
当初は首都圏を中心にセンセイ登録を進めていますが、習い事によっては、Skypeなどの方法を使うことにより地域に関係なく習い事をすることができます。登録に関して、地域の制限はしていません。

習い事について(全般)

交通費、レンタル費用などはどうなりますか?
交通費はキッカケセンセイ、キッカケメンバーそれぞれ自己負担でお願いします。レンタル費用に関しては、習い事の代金に含めていただくか、オプションで設定していただくことができます。
待ち合わせのコツは?
場所・時間・服装・出会えなかった場合の連絡先などを事前に共有することをお勧めします。
購入前にキッカケセンセイと日程調整をしたいのですが?
メッセージを通じて日程調整ができます。

会員登録・ログインについて

Facebookに勝手に投稿されることはありませんか?
キッカケ」を利用されてもFacebookに自動的に記事が投稿されることはありません。
ログインができません
ログインは、メールアドレスとパスワードの組み合わせ、またはフェイスブックIDでのログインの2通りがあります。どちらもできない場合で、パスワードだけが思い出せない場合は、パスワードの再設定でパスワードを再設定してください。
それでも解決しない場合は、お問合せフォームより、お問い合わせください。
パスワードを忘れてしまいました。
パスワードの再設定をご利用ください。登録したメールアドレスにパスワードの再設定用URLが送信されます。
退会方法を教えてください
こちらから、退会申請をしてください。

キッカケメンバー向け(習う方々へ)

習い事をするまでの流れ

習い事をするまでの流れを教えてください
①習い事を探します
②(不明点がある場合)担当のキッカケセンセイに確認してください。
③(習い事の日時が表示されていない場合)キッカケセンセイと調整し、日時を表示して頂きます
④習い事を予約します
⑤キッカケセンセイが予約を承認します
⑥予約が確定します。予約確定後はキャンセルできませんのでご注意ください。
⑦予約した当日、習い事を受けてください。
習い事についてキッカケセンセイに聞きたいことがあるのですが?
習い事を購入する前でもキッカケセンセイとメッセージのやり取りが可能です。
習い事はどのように購入しますか?
クレジットカードでお支払いいただきます。現在対応しているカードは、VISA 、MASTERカードです。

キャンセル

習い事をキャンセルしたいのですが
予約確定後のキャンセルは受け付けておりません。日程変更で調整するなどキッカケセンセイへご相談ください。但し、利用規約上、キッカケセンセイが日程変更を受け付けることを義務付けてはおりませんので、あくまで相談の範囲であることをご了解ください。

キッカケセンセイ向け(教える方々へ)

習い事の登録方法・教えるまでの流れ

キッカケセンセイとして、習い事を作成したり、出金申請をする場合はどこでできますか?
メニューから、「センセイモードへ切り換え」を選択し、センセイモードになると必要なメニューが表示されます。
どうやったら習い事を作成できますか?
会員登録後、キッカケセンセイ登録をして頂くと習い事を作成できるようになります。
習い事を作成してから予約を受けるまでの流れを教えてください
①習い事を作成します。習い事の内容、および実施日時を入力します。※1
②習い事を公開します
③習い事に関する質問の回答や、実施日時が決まっていない場合は日程調整を行います
④実施日時が決定したら時間を設定します
⑤習い事の予約が入ったら予約を承認します
⑥予約が確定します
※1:実施日時を購入者と相談して決める場合、日時は相談後に設定してください。
1回だけの開催でも習い事を登録していいですか
1回だけの開催でも登録できます。
継続的な習い事を登録できますか?
継続的な習い事には対応していません。今後の検討課題としています。

習い事の内容・対象者

教える対象は子どもだけですか?
教える対象は子どもを中心として頂きたいのですが、間接的に子どものためになる習い事も含めたいため、保護者も含みます。具体的には次の通りです。
(1)18歳未満の子ども(但し、親の同伴を許可するものとします)
(2)親子(18歳未満の子どもと、その親。あるいは保護者)
(3)子どもを持つ親、または保護者
教える内容に制限制約などはありますか
教える内容は、次の内容に限定しています。
①子ども向けに相応しい内容
②親子向けに相応しい内容
③子を持つ親、または保護者に相応しい内容
判断に迷う場合、事務局へお問い合わせください。
一度公開した習い事を編集できますか
一度公開された習い事であっても自由に編集することができます。
習い事の告知には開催場所が決まっている必要がありますか?
開催場所を決定した上で習い事の告知を行ってください。但し、日程を調整して決める場合については、後日習い事購入者双方にて調整してください。

習い事代金の出金・手数料

習い事の代金はどうやって受け取ることができますか?
「センセイモード」のマイページから、「出金依頼」を選択。出金依頼金額を指定してください。
出金依頼金額は、出金可能残高以内である必要があります。
出金額は1,000円以上です。出金の際は、振込手数料を差し引いて振り込まれます。振込日は、申請した翌月の末日です。
システムの手数料はいくらですか
キッカケセンセイからは、オプション料金を含めた、習い事の総売上金額の20%を手数料としていただいています

CONTACT

大変恐縮ではございますが、お返事には2、3営業日お時間を頂く場合がございます。
予めご了承ください

※印は必須項目となります

お名前
メールアドレス
メールアドレス
(確認)

確認のため、もう一度入力ください
件名
本サイトの紹介者
お問合せ内容

プライバシー・ポリシー」に同意の上、送信内容を確認し送信をお願いします。

同意する